FX業者別に比較!初心者でも分かるFX口座開設動画

FX業者別にあらゆる方向から業者を比較!また、初心者でもすぐに口座が開設できるように動画で解説しています。

サイトトップ > FXの主な二つの分析方法

FXの主な二つの分析方法

為替差益を目的とする場合はもちろん、スワップ金利目的で長期保有しようとする場合でも、この為替の買い時、売り時といったタイミングはとても重要になってきます。

このタイミングを掴むためには、為替相場の分析をする必要があります。

そのための分析方法として「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の2つが主な分析方法となります。



・ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタル分析とは、日本語では「経済の基礎的条件」と訳され、各種経済指標(GDP成長率・物価指数・失業率・貿易収支など)や政策の動向、国際情勢などを元に為替の動きを予測する方法の事です。

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは各国経済指標や各国政策金利動向、各国要人の発言などが挙げられ、短期トレードには向かず中長期的なトレードに適した分析方法と言われています。

毎日発表される経済指標の良し悪しでトレードをするのもファンダメンタルズ分析ではないのかと言われそうですが、ファンダメンタルズ分析とは異なります。

一つの指標で判断するのではなく、あらゆる分野の指標結果をもとに、今後どういう方向に向かいそうだと予測するものなので、指標結果だけを見てトレードをするのは指標トレードともいうべきでしょうか。

プロの方はこのファンダメンタルズ分析を利用している方も多いようですが、さまざまな経済要因を見極める必要がありますので、高度な知識と見解が必要となります。

それに、即効性に欠けるということもありますので、FX初心者や個人投資家の多くはテクニカル分析を利用しています。


・テクニカル分析


テクニカル分析とは、為替の過去の値動きを表すグラフ(チャート)をもとにして、過去の数値やデータをもとに現在の為替レートを分析する指標です。

ファンダメンタルズ派(テクニカル分析に批判的な人)は、テクニカル分析の事を「所詮は過去のデータだから当たらない」と批判的な事を言う人がいますが、

確かにファンダメンタルズを無視したテクニカル分析だけでは限界があり、特に主要国などが為替政策を大きく変えるなどした時は、テクニカルのサインどおりに売買することによって、大きな損をする可能性もないとは言えません。

だからといって、テクニカル分析が全く役に立たないというわけではありませんし、根拠がないわけでもありません。

そもそも為替とは、人がどのように為替を動かすかで決まるものであり、金利差であり、

重要な経済指標であってもテクニカルの売買サインであっても、それらが直接、為替を動かしているわけではありません。

それらを判断し、市場の参加者がどのように考えるのかが重要であり、為替で儲けるためには自分がどう思うではなく、

他の市場の参加者がどのように考えているのかを分析する事が非常に重要となってくるのです。

例えば、アメリカのGDP成長率の結果が良かったとします。

※)GDP(国内総生産)・・・国内企業や政府、個人などが一定期間に生み出した経済的な付加価値の総額の事を言い、国の全体の経済の規模・成長を図る物差しとなる指標。

しかし、その結果がアナリストや記者などの事前の予測の範囲内であれば、織り込み済みとされ為替にほとんど影響がない場合があります。

逆に、いい結果が出たにもかかわらず、その結果が事前の予測よりは、悪い結果だった場合、ドルが下がることもあります。

そう考えると、結果が重要なのではなく、みんながどう考えるのかという事がいかに重要かがわかると思います。

ちなみに、為替でチャートを見ている人の多くが、テクニカル分析により、売買の決定をしていると仮定したら、

みんなと同じようにチャートを分析することで、みんながどう考えているかを理解することが出来るといってもいいと思います。

また、逆を考えると、テクニカル分析自体が投資家の心理全体、いわゆるみんながどう考えているのかを誘導しているとも考えられるわけですから、テクニカルを無視することなどできるわけがありません。

ファンダメンタルズ分析については、経済情勢から政治状況など、各国のあらゆる事象を総合的に判断することはかなり難しいです。

新聞や雑誌でも見てもらえばわかりますが、専門家の意見ですら曖昧な発言が多いいのです!一般投資家が正しい分析などなかなか出来るものではありません。

ファンダメンタル分析はプロに任せて、それもあまり鵜呑みにせず、参考程度に受け止めておけばいいと思います。

ただし、ファンダメンタルズ分析まではいかなくても、ファンダメンタルズ分析の基礎となる各国の重要な経済指標くらいは把握しておく必要があるでしょう。

特に世界の基軸通貨である米ドルの動向は見逃すわけにはいきません。

アメリカの経済指標の発表直後などはかなり乱高下することもありますし、また経済指標や金融政策が新たな材料となって、相場の流れを大きく変えることもあるからです。

◇ 特に重要なアメリカの経済指標◇

・雇用統計(通常毎月第1金曜日に発表)
・失業率
・貿易収支
・GDP(3か月ごとに発表


上がり続ける相場や下がり続ける相場はありません。上がったものは下がり、下がったものは上がるんです。

これらのタイミングを視覚的にも感覚的にもとらえる事が出来るのがテクニカル分析です。

このテクニカル分析は、一見難しそうと思われるかも知れませんが、テクニカル分析ほどわかりやすいものはなと思います。

コツさえ掴んで、使い方さえ間違わなかったらトレードの非常に強力な武器となってきます。

実際に、テクニカル分析は高度な理論や数式を計算する事によって算出されますが、現在ではそのような面倒な事はコンピューターがすべてやってくれます。

あなたがする事といえば、PCの画面を見つめ「買い」や「売り」のシグナルが出れば、過去のチャートをふまえた上で総合的に判断を行い行動を起こせばよいだけなのです。

それでは、ここで数あるテクニカル分析の一部を紹介させて頂きます。

しかし、テクニカ分析はその数も非常に多く詳しく説明しだすとキリがありませんので主要なテクニカルをだけを紹介します。 

また、自分自身で調べる事によって、そのテクニカル分析に対する理解も深まるのでご自身でもインターネットなどで調べてみてください!

≪移動平均線≫

移動平均線(MA)は過去の一定期間のレート(一日の終値)の平均値をグラフ化したもので、数あるテクニカル分析の中で一番有名といってもよいものです。

移動平均線には・単純移動平均線(SMA) ・指数平滑平均線(EMA)・修正移動平均線(RMA) ・加重移動平均線(WMA)などがあり、

中でも最も使われているのが単純移動平均線です。

これは過去何日分、何週間分の株価の平均値を計算して、グラフ化したものです。

期間の取りかたによって、短期線(6日、12日、25日、30日など)、中期線(13週、75日、80日)、長期線(200日、26週)があります。

例えば、13週移動平均の場合、毎週の最終取引日の終値を13週分合計して13で割ったものを平均値とします。

そして、2週目以降は最初の週のデータを削除し、直近のデータを加えて13で割るという計算を繰り返し、その数値を線で結んだものが単純移動平均線となります。

この13週移動平均のある時点の移動平均値は、過去13週間の平均買いコストに準じた数値とみることができます。

したがって、週足(しゅうあし)が13週移動平均より上にあるときは、買いポジションを持つトレーダーは利益が出ていると読むことができます。

そして、ローソク足が移動平均線より上にあれば上昇トレンドにあると考えることができます。

逆に、週足(しゅうあし)が13週移動平均より下になっていたら、買いポジションを持つトレーダーは損失が発生していると読むことができます。

このような場合は、下落トレンドにあると考えられます。

<移動平均線とローソク足を組み合わせる>

移動平均線とローソク足を組み合わせることで、トレンドを意識したトレードができます。

例えば、次のチャートのように、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けたときは、トレンドが上昇に転換したと考えることができます。

bunseki1

次のチャートは、上昇トレンドに転換してからのレートの動きです。

長期移動平均線までレートが下がって来ると、そこから再び反発しています。つまり、長期移動平均線が下限となって下支えしているのです。

また、レートが短期移動平均線を下回っても、あまり日数をかけずに上に戻っています。



bunseki2

ところが、次のチャートでは、レートが長期移動平均線を下に抜け、急落しています。



bunseki3

この動きでトレンドが転換し、その下落を短期移動平均線が追いかけています。

その後、一度「戻し」を付けていますが、緑色の中期移動平均線で押し返され、その後はさらに下落していきます。

下落に転換したポイントでは、次の項で触れる「デッドクロス」も起こっています。短期移動平均線と中期移動平均線が交叉している部分です。
   
移動平均の期間はチャート画面上で自由に設定が可能です。期間の設定をいろいろな数値に変えてみて、トレンドの転換点を外さない移動平均線を見つけてください。

<ゴールデンクロスとデッドクロス>

長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に抜いたときをゴールデンクロスと呼び、買いシグナルになります。

逆に、長期の移動平均線を短期の移動平均線が上から下に抜いたときをデッドクロスと呼び、売りシグナルを表します。

bunseki4


FX初心者の基礎知識一覧