FX業者別に比較!初心者でも分かるFX口座開設動画

FX業者別にあらゆる方向から業者を比較!また、初心者でもすぐに口座が開設できるように動画で解説しています。

サイトトップ > FXチャートの見方

FXチャートの見方

為替レートの分析も株式投資と同じで、チャートを使ったテクニカル分析が役立ちます。

為替レートの動きをグラフに表わしたものが「チャート」です。

FX初心者が外貨投資をする際に困るのがFXチャートの見方が分からないということです。

FXチャートは一見難しそうですが、FXチャート用語や見方は実は簡単ですから安心してください。

FX初心者にとって難しいのは、そのFXチャートの傾向を自分のFX取引の参考にして売買して活用できるかどうかなのです。

そもそもチャートとは値動きの推移を時間の経過に区切ってグラフ化した記録のことで、チャートにすると値動きがよくわかるようになります。

このチャートには、為替レートの一日の値動きをそのまま表示する「ティックチャート」や、

一定の時間内の値動きをローソク型の縦棒で表わし、それを横に並べた「ローソク足チャート」などがあります。

また、売買のベストタイミングを判断するために使われる「テクニカルチャート」もあります。

これらのチャートを使いこなせるようになると、外貨の買い時や売り時のタイミングを取りやすくなります。

それではFXチャートの基本とされる「ローソク足チャート」について解説していきます。

(1) ローソク足

FXのチャートでは一般的にローソク足が用いられ、日足チャート・週足チャート・月足チャートなどの種類があります。

FXのトレーダーは、このチャートを分析して将来の価格変動を読み取っていきます。 

日足(ひあし)を例に取ると、

一日の値動きから朝一番についた値段が「始値」で、

その日最後についた値段を「終値」と呼びます。

また、その日一番高い値段を「高値」

一番安い値段を「安値」と呼び、これらを総称して「4本値」といいます。

この「4本値」が一目でわかるようになっているのがローソク足で、見た目がローソクに似ているのことから、その名が付きました。

相場の上昇下降が一目で分かるように、

1つのローソクには「胴体」と「ヒゲ」と呼ばれる部分があります。

上昇して取引きを終えた日のローソク足は陽線と呼び、赤か白でローソクの胴体を表します。

また、下落して取引きを終えた日のローソク足は陰線と呼び、青か黒でローソクの胴体を表します。

そして、高値、安値を表しているのが「ヒゲ」と呼ばれ「上ひげ」(高値)、と「下ひげ」(安値)があります。

また、白(又は赤)い胴体の場合、胴体の下が「始値」、上が「終値」を表します。

逆に黒(又は青)い胴体の場合は、胴体の上が「始値」、下が「終値」を表します。

・陽線(白や赤):始値より終値が高く、通常は白か赤で表示され、上昇傾向にあることを表します。

・陰線(黒や青):始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを表します。





この日足を時系列で並べた次の図が、日足チャートです。

[日足チャート]

ローソク足でみると、為替レートの動きが一目でわかります。

例えば、陽線が長い日は為替レートが大きく上昇して取引が終了していることが分かります。



buki2



下の図の丸で囲んだ部分の陰線は、胴体(実体)が短くて、ヒゲが長くなっています。これは、2日間にわたって上値圏でもみ合いが続いた後、下落して終わったことを表しています。



buki3





(2)トレンドライン

トレンドラインとは上昇相場であれば、安値と安値を結んだ線、下降相場であれば高値と高値を結んだ線をトレンドラインと呼びます。
 







このトレンドラインは下値支持線または上値抵抗線となる場合があります。

上昇トレンドの場合は安値がトレンドラインより下で動かず、安値を支えています。

そのため上昇トレンドは、下値支持線やサポートラインともいい、単に支持線と呼ばれることもあります。

下値支持線を抜けて、大きく価格が下降した時には、上昇トレンドの終息、又は上昇力の低下を示します。

下降トレンドの場合は高値がトレンドラインより上で動かず、高値を押さえています。

そのため下降トレンドは、上値抵抗線やレジスタンスラインともいい、単に抵抗線と呼ばれることもあります。

上値抵抗線を抜けて、大きく価格が上昇した時には、下降トレンドの終息、又は下降の勢いの低下を示しています。

抵抗線・支持線のどちらもラインを突き抜けると、新しいトレンドが始った可能性があります。

FX初心者の基礎知識一覧