FX業者別に比較!初心者でも分かるFX口座開設動画

FX業者別にあらゆる方向から業者を比較!また、初心者でもすぐに口座が開設できるように動画で解説しています。

サイトトップ > 気軽にできるFX

気軽にできるFX

株式市場は午前9時から11時までが前場と呼ばれて、

そして午後12時半から3時までが後場と言われています。

このように1日にたったの4時間半しか市場が空いていないのが株式市場なのです。

一方、FXはというと、

FX(外国為替証拠金取引)の大きな特徴として土日、祝日(各国の祝日)を除いた

毎日、24時間いつでも取引が行われています。

(クリスマス・年末年始の休日に関しては休みとなります。)

日中は仕事で忙しいサラリーマンなどの方が夜遅く帰ってきたとしても、

基本的に平日ならば、24時間いつでもトレードすることが出来ます。


daredemo1

もう1つ、この外国為替市場には、大きな特徴があります!

実は、外国為替市場には株式市場のように取引所というものが存在しません。

通貨を取引する各国の金融機関が通信網(電話・オンライン)を駆使し取引を行うバーチャルな市場である為、

株式のような取引所が存在しないのです。

よく耳にする「東京市場」、「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」などは、いったいなんでしょうか。

いくら外国為替市場が24時間取引OK でも、現地時間で日中のほうが、取引量が多くなります。

そのため、その時間帯によく取引されている場所(つまりその時点で日中)を、「○○市場」と呼 んでいるのです。

外国為替市場は24時間眠らない!



daredemo2

外国為替市場の1日は、

日本時間の午前5時にウェリントン(ニュージーランド)に始まり、

シドニー・東京・香港・シンガポール・ムンバイ・フランクフルト・チューリッヒ・ロンドンと世界50カ所以上の市場がオープンし、

ニューヨーク市場がクローズする日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)に終了します。

このニューヨーク市場が終了する日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)には、もう既にウェリントン市場がオープンしているので、

市場が24時間途切れることなく続いていくのです。

また、外国為替市場は世界の主要都市に存在していますが、その中でも特に参加者・取引量、流動性が高いということから、

「東京市場」、「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」の3つの市場が「為替三大市場」と呼ばれています。


FX初心者の基礎知識一覧