FX業者別に比較!初心者でも分かるFX口座開設動画

FX業者別にあらゆる方向から業者を比較!また、初心者でもすぐに口座が開設できるように動画で解説しています。

サイトトップ > FXの歴史

FXの歴史

ここ数年、FX(外国為替証拠金取引)という言葉を書店やインターネットなどでよく目にします。

そもそも外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)(FX)は

1998年の4月に「外国為替法」の改正からスタートしています。

それ以前の為替業務は、銀行などの免許を持った金融機関でしか外国為替の取引をすることが出来ませんでした。

1998年の新改正外為法の施行によって、FX取引を提供する会社が誕生していきました。

それにより、FXというものが広く一般に知れ渡り注目を集め、急速にシェアを拡大してきました。

ところが、急激な市場の拡大により、質の低い取引会社もありました。

誠実にサービスを提供する会社とは反対に、顧客に過剰な売買を勧める会社や、経営の悪化に伴い顧客の資金を持ち逃げする会社など、いわゆる悪徳会社が目立ち始めた。

事実、FXは悪徳商法としてマスコミによく取り上げられていた時期もありました。

こういった状況を受けて、金融庁も異例のスピードでこの商品を扱う業者を登録制にする法律の準備をすすめ、

平成17年7月1日の「金融先物取引法」の改正の施行により、FXを扱う業者は、店頭金融先物取引業者として、改正法の規制を受け、

金融庁及び財務局の監督下に置かれることになり、FXに対するイメージは、「株など他の投資と同様でリスクはあるが、少額で始められる外為投資」という認識が広まりました。

少額で始められる手軽さと、株のような難しい知識が必要ないことから、

「FX(外国為替証拠金取引)」は、

今では、サラリーマンや主婦などの個人投資家が非常に増えており、

投資家の身近な資産運用先として定着しているのです。

FX初心者の基礎知識一覧