FX業者別に比較!初心者でも分かるFX口座開設動画

FX業者別にあらゆる方向から業者を比較!また、初心者でもすぐに口座が開設できるように動画で解説しています。

サイトトップ > 利益のでる仕組み

利益のでる仕組み

(1)FXで利益が出る仕組みを知る

円安や円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外国為替投資の基本です。では一体どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか?

「安く買って高く売る(高く売って安く買う)」のが基本的なFXにて利益を得る仕組みとなります。

つまり、FXは売り買いの差が利益になるということです。

米ドルを例として、1ドル=100円のときに100万円を出して1万ドルを買ったとします。

その後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1万ドルを売ると、110万円になります。

すると110万円−100万円=10万円の利益になります。この繰り返しで資産を増やしていくのが、FXの基本的な仕組みとなります。

しかし、良くも悪くも為替は変動します。

逆に1ドル=100円から1ドル=90円の円高になってしまったときには、10万円の損失になります。



(2)レバレッジを知る

FX投資をする上で、レバレッジはとても重要な位置を占めています。

レバレッジとは「テコの原理」。小さな力で大きなものを動かす。

つまり、少ない資金(証拠金)で大きな金額を動かすことができます。

レバレッジは、「証拠金の何倍まで、外貨が取引できる」という倍率になります。

例えば、10万円の証拠金(担保)で10万円分のドルを売り買いするなら、レバレッジは1倍です。

10万円の証拠金で100万円分のドルを売り買いするには、レバレッジを10倍にする必要があります。

さらに、レバレッジを50倍にすると、10万円の少ない証拠金で500万円ものドルを運用することができます。

レバレッジは通常は1倍〜40倍程度で行いますが、FX会社によっては100倍〜200倍といった高いレバレッジが可能なFX会社も存在します。

ですが、レバレッジを高くすればするほど、ハイリスク・ハイリターンな取引になるので安易に倍率を上げるのは注意が必要です。



rieki1



(3)スワップ金利を知る

スワップ金利とは、簡単に言うと取引をおこなう2国間の金利差で、その金利差調整分として得ることができる利益です。

FXでは、その売買の期間と取引数量に応じて「スワップ金利」の受け払いが毎日発生します。

高い金利の外貨を買ったときはスワップ金利を受け取ることになり、反対に高い金利の外貨を売ったときはスワップ金利を支払うことになります。

さきほどの「ドル買い、円売り」の例では、ドルを買っているのでドルを保有した期間分のスワップ金利が発生します。

結局、アメリカのほうが日本よりも金利が高いので、その差額分(スワップ金利)を受け取ることができるのです。

このように、金利の高い通貨を買うとスワップ金利がプラスとなり、逆に金利の高い通貨を売るとマイナスとなります。

「米ドル/円」の買いトレードを行った場合、

「/」の左側の「米ドル」が右側の「円」より高金利なのでスワップ金利を受け取ることができます。逆に売りトレードを行った場合は、スワップ金利が差し引かれます。

トレードする際は、「/」の左側の金利が高い通貨の時に買いでトレードすればスワップ金利がプラスになり、逆に、売りでトレードすればマイナスになります。

例えば、

スワップ金利高水準のフォーランドオンラインで取引した場合、豪ドルでは1日あたり92円のスワップ金利を受け取ることができます。



1年では33,580円ものスワップ金利が受け取れることとなります。

もちろん、為替レート変動によるリスクも考慮しなければなりませんが、中期投資家や長期投資家を目指すなら、スワップ金利を極める必要があります。

スワップ金利とレバレッジを上手く組み合わせて運用すれば、外貨預金とは比べ物にならないほどのインカムゲイン(保有することで利益を得る)を手にすることができます。

FXトレードする上でスワップ金利とレバレッジは必ず知っておかなければならない項目です。



(4)マーケットを知る

為替市場の仕組みを一生懸命勉強して詳しくなったからと言って、儲かるわけではありません。

あなたが知っておくべき事は、為替市場の中で動いている為替のレートがどのような動きをするのかを理解することが稼ぐ近道なのです。

為替が変動する要因は、各国の経済状況や金利差、時には戦争やテロ事件などに影響されて為替が動くという人もいるかもしれませんが、これは違います。

そもそも、為替レートを動かすのは人間です。

外国為替市場で実際の取引をしているのが、為替ディーラーと呼ばれる人たちです。

為替ディーラーは、異なる通貨の交換によって利益を得る事を目的にしており、外国為替市場のいわば主役と言えます。

為替のレートを意図として動かしているのはこういったプロや各国の中央銀行なのです。

市場が材料を欲しがっている時や欧米市場が休みで商いが薄い時間帯を狙うことで都合のいい方にレートを動かすことができるのです。

こういった為替市場の中に「売りたい人、買いたい人」が存在するからこそレートが動くのです。

経済状況、指標、テロ、などの世界の要因が全ての為替を動かすと言われているものの、結局は、人がどう感じたかで、為替市場の動きが変わってきます。

その要因を人がどう捉え、どのようにお金を動かすかによって決定されるのです。

つまり、為替レートの動きをつかむ秘訣は

「人間がどのように感じお金を動かすか」という事を考え知る事なのです。

これからFXを始めようと、このサイトを閲覧している方だけではなく、既にFXの取引を行っている方も、知っておくべきことだと思います。

FX初心者の基礎知識一覧